ブログ作成ソフト(2)

WordPress

WordPressは、オープンソースのブログソフトウェアです。PHPで開発されていて、データベース管理システムとしてMySQLを利用しています。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されています。GNU General Public License(GPL)の下で配布されていて、b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされました。

ブログとわたし
【会議室ナビ】貸し会議室を探すなら会議室ナビ貸し会議室の多い東京23区・大阪・名古屋・福岡等の主要都市をはじめ、日本全国の貸し会議室情報を掲載する貸し会議室専用ポータルサイトです。

WordPressの主な特徴

WordPressのメリット

WordPressは、プロプライエタリではなく、GPLに従い配布される、オープンソースなソフトウェアですので、誰もがWordPressの開発に参加できるといったメリットがあります。

テンプレート、テーマ

WordPressのテンプレートはすべてPHPであるため、PHPとHTMLをある程度知っていれば容易にテンプレートをカスタマイズ出来ます。テンプレートは多くの場合、ヘッダー部とサイドバー部、コンテンツ部、フッター部、に分けて記述され、1ページはそれらの組み合わせで表示されます。WordPressでは、PHPテンプレートにスタイルシートを組み合わせたセットをテーマと呼びます。多くの無料テーマが、公式サイトのほかサードパーティから提供されています。テーマの中には、ページを構成する要素をメニューから選択できるウイジェットという機能が使えるものがあります。

プラグイン

様々な機能をプラグインとして追加でき、サードパーティからも多くのプラグインが開発されています。プラグインはPHPで開発出来ます。

言語対応

WordPressはマルチバイト文字に対応していて、文字エンコーディングをUTF-8に設定することで日本語が利用出来ます。ただし、インタフェースに関してはすべて英語であるため、これを日本語化したWordPress日本語版がWordPress日本語サイトでリリースされています。日本語版は基本的にインターフェースのみを日本語化したものであり、機能面での互換性は保たれています。

Serene Bach

Serene Bachは、前身のウェブログツール sb の後継として開発されたソフトウェアで、使用プログラミング言語はPerl。MySQLなどのデータベースを必要とせず、データベースの使えないサーバでも利用することが可能なのが特徴です。ただし、2010年7月現在評価版として公開中の Serene Bach 3 ではMySQL、SQLiteも利用出来ます。静的なページ生成と動的なページ生成の双方を標準動作として混在させているのが特徴で、静的に生成するページのレベルは設定により変更することが出来ます。

概要

テンプレートはJUGEMと一部互換性のある書式が利用されていて、テンプレートの編集にはプログラミングの知識は必要とされません。パッケージファイルにより公開されているテンプレートを簡単にインポートすることができ、テンプレートの切り替えも容易です。

主な機能

Nucleus CMS

Nucleus CMSはベルギーのWouter Demuynck(ウォウター・デミュンク)などによって作られた、MySQLとPHPによって動作するサーバ設置型のオープンソースなブログ向けコンテンツ管理システム(CMS)です。管理・運用はほぼ全てWeb上で行うことができ、同様の機能を持つ他のプロプライエタリなシステムと遜色はなく、個人・法人ともに同システムの利用者が存在します。

特徴

Nucleus CMSは膨大な数のプラグインによって、様々な用途、目的に応じてブログが構築可能です。ライセンスはGPLとなっていて、ソースコードは無償で配布されています。逆に言えば、Nulceus CMSのコア自体は極端に機能が少なく、ユーザは必要に応じて様々な機能をプラグインによって追加していくというのが大きな特徴です。コア単体で導入した時点では、トラックバックなどの機能は提供されてず、これもプラグインによってユーザが導入することとなります。ブログの外見などは「スキン」と呼ばれ、様々なスキンのパッケージが有志の手によって公開されています。コンテンツ(記事など)のデザインは「テンプレート」と呼ばれるインターフェイスに紐付けられ、これらを組み合わせて非常に柔軟で汎用的なシステムが構築可能となります。つまりテンプレートに紐付けられたコンテンツをスキン上で展開する形です。

概要

2006年12月の段階では、各国のユーザコミュニティによって39にも及ぶ言語への対応が行われています。日本語版も、日本のユーザコミュニティにより、各文字コードに対応したパッケージが配布されています。「スキン変数」と呼ばれるシンボル化されたシンプルな専用タグを利用してデザインワークを行なう手法はMovableTypeと似ていて、動的生成ベースの出力という視点ではWordPressと比べられます。※MovableTypeでも動的出力は可能ですが、対応プラグインやノウハウの充実においてはNucleusやWordPressが先行しています。しかしPHPベースの動的生成でありながら、スキン中にPHPコードを直接記述できるわけではなく、そういう意味ではMovableTypeのイメージに近いです。管理画面の使い勝手は両者に及びませんが、CMSそれ自体の改造ベースとしては構造がシンプルなNucleusに軍配が上がるでしょう。

メリット

動作環境

歴史

現在、開発コアチームは日本を含む世界各国のメンバーが加わって共同開発体制をとっています。2000年1月、ベルギーのWouter Demuynckが他のWeblogシステムを利用してブログを始めましたが、しばらくしてその機能に物足りなさを感じ自ら改造などを行います。2001年に初めてPHPによってスクリプトを書いたのがNucleus CMSの始まりです。その後、一つのシステムで複数のブログを持つことが出来るようにするなど、意欲的な開発が行われます。

アウトプットとしてのブログ活用