高級クラブで遊ぶ

キャバクラとどう違う?高級クラブの接客システムと指名制度について

皆さんは、キャバクラと高級クラブの接客システムの違いをご存知ですか?
お仕事内容はほとんど変わらないのですが、実はある部分が違うんです。
初めて行って恥さらしにならない為にも、学んでおきたい事なので、是非読んでください。

高級クラブでは「永久指名制」

キャバクラでは行くたび行くたびに、気にいった色んな女性を指名することができますよね。
ところが高級クラブではそうはいきません。
『気分でホステスさんを取っ替え引っ替えすることがきない』
これが高級クラブ特有の、永久指名制と呼ばれるものなのです。

永久指名制とは、一度指名した女性がずっと男性の担当でいてくれるというものです。
ホステスさん側からしてみれば、その決断を自分にしてくれたということなので、キャバクラよりも断然お客様のことを大切にしてくれます。また、かなりの信頼関係が築けます。
この永久指名制は、指名しているホステスさんが辞めない限りずっと指名となるわけです。
しかし、指名しているホステスさん以外のホステスさんと飲めないわけではございませんので、ご安心ください。
新たに気に入ったホステスさんがいれば、『指名料』を払えばテーブルについてもらうことは可能です。
ただし、ヘルプの子の売り上げも最初に指名したホステスさんの方に行くというシステムになっているのです。

複数人での接客が基本

また、高級クラブの場合、複数人で接客するのもキャバクラとは違う点です。
一人のお客様に対して永久指名された女性がいるのはもちろんのこと、ヘルプのホステスさんが常に数人つき、お話を盛り上げたりと楽しい時間を過ごすことができます。
なぜ複数人での接客かと言いますと、お客様を飽きさせない為みたいですよ。
たしかに1対1も良いですが、数人で話したほうが会話の幅も広がって盛り上がりますし、一度指名したホステスさんがずっと担当になるわけなので、「飽きさせないため」という理由にも納得できますね。

高級クラブに行きたい男性必見!一回でかかる料金とシステム

やはり高級クラブに行くのに何が一番気になるかと言うと、『料金』ですよね?
それはシステムによって金額は変わってきます。
そこで今回は、一回でどれくらいの料金がかかるのか、どんなシステムがあるのかをご紹介させていただきます。

高級クラブでかかる料金の内訳

高級クラブは、どんなことでお金がかかり、どんなふうに料金が高くなっていってしまうのか?
その基本的な料金やシステムをご紹介します。私が知っている範囲ですが、参考になればと思います。

まず、この3つが基本です。

・セット料金
・サービスチャージ
・各種チャージ

セット料金

セット料金は、いわゆる基本料金みたいなもの。
座席についた時点でセット料金が発生します。だいたい90分1セットです。
ほとんどのお店が、入店した時間帯によってセット料金が変わります。
開店直後の時間のセット料金が一番安いケースが多く、中には深夜のセット料金を安くするお店もあります。

サービスチャージ

高級クラブでは、伝票上の合計額に加えてサービス料金(SC)を支払わなければなりません。
店舗や地域にもよりますが、大体40~50%あたりが平均で、安いところは20%、高いところだと70%とるお店も。
接客(サービス)に対して払う金額・・・といったところでしょうか。

時に、『TAX』と記載されてることがありますが、これは税金のこと。
普通は「TAX他」や、「SC」などという書き方をしているところが多いです。
しかし夜のお店の中にはそれらを全てまとめてTAXとしか書いていないところもあります。(例:TAX 48%など)
こうなると、TAXの意味がわかる人は「消費税って8%じゃないの?」と疑問に思う方もいるかと思いますが、夜のお店ではこのようにまとめて記載することも一般的なのです。

各種チャージ

そのほかにも、

・タイムチャージ
・ホステスチャージ
・ボーイチャージ

などがあります。
それぞれ簡単に説明させていただきますね。

・タイムチャージ
その名の通り、(基本セット内の)時間を過ぎますと、取られる料金となります。延長料金のことですね。
キャバクラとは違い、高級クラブでは時間を過ぎても教えてくれません。確認されないため、あっという間に時間が過ぎ、タイムチャージが発生していた・・・なんてことも。
お金を気にされる方は特に注意が必要ですね。

・ホステスチャージ
ついた女性(ホステス)に対してのチャージになります。
およそ3000円~10000円位でしょう。
この金額はすべてホステスさんのバックとして入ります。

・ボーイチャージ
ボーイさんに対してのチャージです。
こちらも4000円~5000円が一般的ですね。

このように、様々なところでチャージ料金が発生しています。

最低料金は3~5万円程度

お店にもよりますが、一回で使う料金は大体最低3~5万円前後です。
ただしこれは、指名せず、ボトルも入れていない場合の最低料金です。
それ以外にメニューに載っているフードやお酒など頼むと、10万円をあっという間に超えてしまう可能性があります。
高級クラブでは一つ一つの値段が大衆店よりも遥かに高いです。もちろん、注文したお酒やお店の滞在時間によっても、値段は様々でしょう。
私の経験上、高級クラブに行くならば、少なくても10万円前後は持って行くことをオススメします。
高級クラブではシステムによってどんどんお金が必要になったりするため、ご注意くださいね。

その服装で大丈夫?高級クラブに行く時の服装

「高級クラブに行くのに、服装って関係あるの?」って思われる方、結構いるんですよね。
そうなんです。高級クラブに行くのに相応しい服装というのがあります。
それを知らないで行ってしまうと「場違い」になってしまう可能性大。
例えで言えば、パーティーに参加する時にポロシャツにジーパンなんて場違いですよね?それと同じです。
お店によっては、入店を断られることすらあるので、注意しましょうね。

高級クラブではカジュアルすぎる服装はNG

主に入店を断られてしまう服装を一例に挙げますと、

・Tシャツ
・ダメージジーンズ・デニム
・ハーフパンツ
・サンダル
・スニーカー
・カジュアルなシャツ

などなど。特に柄ものや派手な服装は避けましょう。
シャツにジャケットなど、シンプルでフォーマルな服装であれば、入店を断られることはなかなかないので、基本大丈夫です。

迷ったらスーツで行くのが一番ですね。お店によってはスーツのみの場合もありますので。
私も初めて行った時、キャバクラのノリで行ってしまってたので、青の派手目なポロシャツに白のハーフパンツ、サンダルで行きました。
夏だったので尚更ハデでしたね。そうしたところ、入店を断られてしまいました・・・。ちょっとした苦い思い出です。はい(笑)

ドレスコードがある店が多い

これは仲良しなホステスさんから聞いた話しなんですが、なぜドレスコードがあるお店が多いかといいますと、次の2つの理由からなんです。

①お店の雰囲気を壊さない為

清潔感のないボロボロ、ヨレヨレの服や、サンダルにTシャツでカジュアルな服装など、1人でも場違いのような服装の方がいると、高級感のあるお店の雰囲気はたちまち壊れてしまいます。
そうならない為にも、ドレスコードを設けているお店が多いのです。

②他のお客様からのクレームを避ける為

あまりにもお店の雰囲気とかけ離れた服装は、他のお客様に不快感を与える原因にもなります。
場合によっては、お店にクレームが入ることもあるそう。
そのため、お店側は事前防止策としてドレスコードを用意しているみたいです。

高級クラブに行くなら正しい遊び方で!品の良い遊び方について

高級クラブに行くなら品の良い遊び方を目指そう

高級クラブですから、キャバクラと同じように遊ぶのはよろしくありません。
どんちゃん騒ぎしたり、お触りや、悪ふざけが過ぎた行動は厳禁。
最悪の場合出禁にされてしまいますので注意してくださいね。
せっかく高級クラブに来てるんですから、品の良い遊び方をし、自分の価値もあげましょう。
今回は、品の良い遊び方について重要な3つの注意点をご紹介致します。

①愚痴ったり自慢をしたりしない

まず、愚痴ってるのを「うんうん」と聞くまでは大丈夫だとします。
ですが共感してもらいたいあまり、自分の気が済むまで話したり、「◯◯ちゃんはどう思う?」などと言ってはいけません。
ホステスは、キャバクラの子とはまたノリが違います。
「わかる〜!」とか、「ウザいですねそれー!」なんて言わないですし、言えないです。
高級クラブですと、言葉遣いもかなり厳しいです。
愚痴ってばっかりでさらに共感を求めるようでは、ホステスさんにかなり気を遣わせてることになりますよ。
その前に、愚痴を言ってる人は印象も悪くなりますし、止めておきましょうね。
仕事やプライベートで辛いことがあっても、それを表には出さないことを心がけましょう。

自慢話については、ホステスさんは必ず褒めてくれます。そして、それをいい気にどんどん自慢話が広がってしまいますよね。
でも冷静に考えて聞いてる身にもなってみてください。他人の自慢話をそんなに聞きたいかと言うと、聞きたくないですよね?
自ら自慢話や武勇伝ばかり語る男性は器が小さく見えるもの。特に女性は、男性の自慢話が嫌いという方が多いみたいですよ。
でも男性は自慢したい生き物・・・。
ん~・・・。難しいですが、これは気をつけるように心がけた方が良さそうですね。

②長居しすぎない

まず、長居しすぎるとお店やホステスさんにどんなデメリットがあるのか、考えてみましょう。

1.お店の回転率が悪くなる
2.指名されてるホステスさんが気をつかう

特に、自分についてくれているママやホステスさんを目当てとする他の客もいるのは当然。自分ばかりが独り占めすることは出来ません。そうならない為にも、呑んで話してキリのいいところで帰るのです。
できる男は時間を無駄にはしません!軽く楽しんだらダラダラと長居することはせず、サッと帰りましょう。

もし、自分についてたホステスさんやママをお目当てで来たお客さんが来たなら、快くよそのテーブルに送り出してあげるか、もしくは自分から「では、この辺で。」と、お店を出て行くのが良いでしょう。
ホステスさんなどに負担がかからないような配慮を見せれたら、カッコいいと思いませんか?

③どのホステスにも対応を変えたりひいきしない

自分のお気に入りの子を可愛がるのは分かります。でも、明らかその子だけをチヤホヤしたり、他のホステスさんには適当にあしらう等の態度をとらないように注意しましょう。
女性は理不尽や不平等が大嫌いです。あからさまに態度を変えてはいけません。
「この人、人を見て態度変える人なんだ。」と思われます。そんな男性は嫌ですよね。
なおかつ、女の妬みや嫉妬は怖いです。ホステス同士で派閥が起きる可能性も、十分に考えられます。
そんなお気に入りの子が目を付けられたら嫌ですよね。
そうならない為にも、ヘルプの子含めどのホステスにも優しく振舞うよう心がけてください。