キャバクラとどう違う?高級クラブの接客システムと指名制度について

キャバクラとどう違う?高級クラブの接客システムと指名制度について

皆さんは、キャバクラと高級クラブの接客システムの違いをご存知ですか?
お仕事内容はほとんど変わらないのですが、実はある部分が違うんです。
初めて行って恥さらしにならない為にも、学んでおきたい事なので、是非読んでください。

高級クラブでは「永久指名制」

キャバクラでは行くたび行くたびに、気にいった色んな女性を指名することができますよね。
ところが高級クラブではそうはいきません。
『気分でホステスさんを取っ替え引っ替えすることがきない』
これが高級クラブ特有の、永久指名制と呼ばれるものなのです。

永久指名制とは、一度指名した女性がずっと男性の担当でいてくれるというものです。
ホステスさん側からしてみれば、その決断を自分にしてくれたということなので、キャバクラよりも断然お客様のことを大切にしてくれます。また、かなりの信頼関係が築けます。
この永久指名制は、指名しているホステスさんが辞めない限りずっと指名となるわけです。
しかし、指名しているホステスさん以外のホステスさんと飲めないわけではございませんので、ご安心ください。
新たに気に入ったホステスさんがいれば、『指名料』を払えばテーブルについてもらうことは可能です。
ただし、ヘルプの子の売り上げも最初に指名したホステスさんの方に行くというシステムになっているのです。

複数人での接客が基本

また、高級クラブの場合、複数人で接客するのもキャバクラとは違う点です。
一人のお客様に対して永久指名された女性がいるのはもちろんのこと、ヘルプのホステスさんが常に数人つき、お話を盛り上げたりと楽しい時間を過ごすことができます。
なぜ複数人での接客かと言いますと、お客様を飽きさせない為みたいですよ。
たしかに1対1も良いですが、数人で話したほうが会話の幅も広がって盛り上がりますし、一度指名したホステスさんがずっと担当になるわけなので、「飽きさせないため」という理由にも納得できますね。